old reliable tea

ストレートティーについて考えるブログ

20180421162403

冷めたミルクティーを美味しく飲む方法

f:id:ironsides:20190301092822j:plain


こんにちは、タナブです。

 

ミルクティーは温かい状態が一番美味しいんですが、どうしても「冷まして飲みたい」とか「冷めてしまったものを美味しく飲みたい」ことってないですか?

 

ミルクティーカップ1杯ぶん作るよりも多めに作ったほうが美味しいので、「残しておいて後で飲もう」とか、ミルクを足すぶんぬるくなっているせいで「意図せず冷めてしまった」なんてことはあるんじゃないですかね。

 

ちなみに、冷たいミルクティーが美味しくない原因は、温かいときにあった香りが飛んでいるからなんです。

 

冷めると一気に香りが失われ、味の性質自体が大きく変わる上に温めても元には戻りません。

 

なので、冷たいミルクティーを美味しくするなら何かしらの香りを足せばいいんです。

 

さて、ここでちょっと聞きたいんですが、「渋みとミルクに合う、いい香りのモノ」と言ったら何でしょう?

 

まあ、いい香りとはいえ現物そのものを足すわけではなく、その香りがする何かを足すんですが。

 

分かりましたか?

 

 

 

 

正解は「いちご」です。

 

今回は「カルピス完熟いちご」です。

 

ミルクの味と渋み、そこに甘みと香りを足すと、いちご味のチョコをそのまま飲み物にしたような違和感のない味になります。

 

まあ、これ以外も美味しくなる物はあるかもしれないですが、簡単に用意できるという点と完成度の高さからいえば「いちご」オススメですね。

 

希釈するタイプが便利です

さて、レシピというほどのものではないんですが、2倍の濃さの紅茶:特濃=2:1のミルクティーを用意します。

 

上記のレシピで作った冷たいミルクティー180〜200ccに10%〜20%くらいのカルピス完熟いちごを入れます。

 

これで完成です。

 

ポイントとしては、飲んでちょうどいい物を足さないという点ですね。

 

まあ、他の記事でも書いていますが、飲んでちょうどいいと確実に紅茶とかミルクに負けるので、入れないほうが美味しい可能性さえあります。

 

doleの桃・りんご、バヤリースのオレンジ、ちょっといいところのオレンジジュースなんかでやってみましたが、やはり希釈するタイプでないと味はしないですね。

 

ギリギリストレートジュースのオレンジが悪くないかな?という感じでしたが、牛乳に直接混ぜたほうが美味しく、紅茶が入っていることがいい方向に働く物はやはりいちごでした。

 

僕はストレートのクランベリージュース(ドロドロの、1L800円とかするヤツです)が好きなのでそれを入れても美味しかったのですが、やはり好みですね。

 

みなさんの好きな物を入れれば何でも美味しいのかもしれませんが、そういうのを抜きにしてオススメできるのは「カルピス完熟いちご」です。

 

希釈するタイプのカルピスの香りの良さは素晴らしいです。

 

今手元にある人、ラッキーでしたね。

 

手元になかったとしても単純に飲み物として美味しいので、ミルクティーにしないにしても買っておいて損はないと思いますよ。

 

あとは味の奥行きですね。

 

売っているミルクティーでもいちごとかはありましたが、とにかく甘いんですよね。

 

満腹食と言われるそうですが、「味がとにかく濃く、最初から最後まで同じ味の物」は味わうほど色々な味がしないので、途中で飽きてくるんですよね。

 

自宅で淹れたミルクティーの良さは、紅茶の悪い部分を糖分やミルクでごまかすのではなく、紅茶の味・ミルクの味が共存している「満足食」が作れることですね。

 

来客の際なんかにそういったミルクティーが出てくるときっと話も弾みますよ。

 

そういえば、紅茶というかミルクティーって不思議な何かがあるんですよね。

 

紅茶とかミルクティーを出すと結構年上の人とか、思い出を語ってくれることが多いんですよ。

 

「大学時代に彼女が作ってくれたミルクティーはうまかったなぁ。あの時は熱が39℃あってさ。もう40年近く前の話になるんだけど…」

とか

「大学卒業してすぐの時に旅行に行ったんだよ。30年くらい前で、どこに行ったかとかはよく覚えてないけど、めちゃくちゃうまいミルクティーを飲んだのは覚えてるな。」

とか(笑)

 

香りと共に幸福だった頃を思い出させる何かが紅茶にはあるんでしょうね。

 

ps

 

過去に他のミルクティーの記事も書いているので参考にしてみてください。

 

内容が古かったので全体的に修正しました。

 

なので、初めて読む人はもちろんのこと、既に読んだことのある人もぜひチェックしてみてください。

 

お恥ずかしながら、書き始めた当初の記事だと「えっ、こんなこと書いてたの?」みたいな内容が多いものですね。

 

特にイングリッシュブレックファーストの記事なんか、ゲームの会話をそのまま持ってきたような記事で、読みづらいってもんじゃありませんでした(すいませんでした)。

 

しかし、今や渾身の記事に生まれ変わったので読んでみてください。

 

 

tanabu.hatenablog.com

tanabu.hatenablog.com

 

 

お客さんは、知らない

f:id:ironsides:20190301093229j:plain


こんにちは、タナブです。

 

僕は今現在接客業をしていますが、お客さんってやっぱり「知らない」んですよね。

 

それは店側のルールだったり、接客界の常識だったり、店員のアタマの中だったり。

 

やはり接客における問題の1つとして、感情的になるお客さんは結構いますけど、それって単純に説明不足のことが多いと思うんですよ。

 

働いてみて約1年経って思ったこと、実際の接客とネットとか知り合いの話で出てくる接客がどうも違う感じがします。

 

いや、自分の仕事じゃないんで

例えば最近見たのが、「探し物は品出しの人に聞いてほしい。レジ担当は場所を把握してない」という意見なんですが、コレってお客さん知らないですよね?

 

スーパーで働いてる人とかコンビニで働いている人にとっては、担当が違うのは当たり前かもしれません。

 

でも、悪気がない人とかいるじゃないですか。

 

とりあえず目に入った店員に聞こうとか、運悪くどこにも店員が見当たらないとか。

 

もしくは「毎日働いてるわけだから、だいたいの場所くらい分かるんでは?」と思っている人もいるでしょう。

 

そこで「いや、私レジ担当なんで」とか「ちょっとそこまでは。品出しに聞いてもらえませんか?」と言ったり、そういう態度をしたら印象は悪いですよね。

 

「誰か別の人を呼んで来てくれないの?」

とか

「だいたいの場所くらい教えてくれてもいいんじゃないか?(惣菜は東側ですよとか、洗剤コーナーはだいたい店の真ん中あたりですよとか)」

と思うので、ぞんざいに扱われたと思ってお客さんは感情的にもなるでしょう。

 

在庫がない場合も同じです。

 

当然ながら僕が働いている店でもそうですが、在庫を出すタイミングとか、在庫の出し方を把握しているお客さんっていないですよ。

 

そこで、

「これ箱空っぽだけど、あるかどうか分かる?」

と聞かれたとき

「僕担当じゃないのでそういうの分かんないんですよ(しかも勝手にやったら怒られるし)。」

などは店としては正しいかもしれないですが、お客さんからしたら

「確認くらいしてくれないの?」

でしょう。

 

自分の当たり前はお客さんの当たり前ではないということですね。

 

まあ、僕も与り知らぬこと(この辺でタクシー止まってるのはどこ?とか)を聞かれて困ったことはありますが、1週間に数人いるかどうかです。

 

「いいお客さんとちゃんと会話のキャッチボールができたら、気にしなけりゃいいのに」という感じはしますね。

 

説明することから逃げない

あと、クレームを恐れているのか言い訳という概念があるからなのか分かりませんが、説明しないとかただ謝るだけのところって多いじゃないですか。

 

僕「予約してた時間から30分くらい経ってますけど、大丈夫そうですか?」

店員「はい、本当にすいません!」

僕「もし立て込んでて都合が悪いなら後でまた来ますよ?」

店員「あの、本当にすいません!すいません!」

みたいな。

 

当然予想外に忙しいこともあるでしょう。

 

1人30分で終わるはずが、各々の要望に応えてたら50分かかってしまったとか、本来居るはずの人が来ていないとか。

 

そこでちゃんと説明してくれて筋が通っていれば納得するのになー、と思ってはいたんですが、どこかで「でも、説明なんて多くの人にとっては店員側の言い訳でしかないのかな」とも思っていたんですね。

 

しかし、いざ自分がお客さんに説明してみると、(失礼かもしれませんが)意外と聞いてくれるんですよ。

 

トラブルがあった際は迅速に解決する以外方法がないですが、待ってもらう場面とか、変更を余儀なくされる場面で、説明すると結構聞いてくれる人はいますよ。

 

結論から伝えて、その理由、これから自分がどう対応して、同じことが起きたらどうすればいいのかをちゃんと伝えます。

 

そこでのポイントは「知らないと困ることは伝える」「ヘタな期待を持たせない」の2つですね。

 

知らないと困ることは伝える

「知らないと困る」というのは、例えば

「少々お待ちください」

とだけ言うのではなくて、

「現在、既に2組お客様が待っておられるので、だいたい10分ほどお待ち頂きますがよろしいでしょうか?」

みたいに、お客さんが知らないことを教えるということですね。

 

自分の少々とお客さんの少々は違うことがほとんどですし、それ以前にそういった事を伝えないのは「言う必要がない」というよりは「ただの不親切」でしょう。

 

もしかしたら

「ちょっとトイレ行ってこようかな。でも、すぐ呼ばれるかも」

とか

「思ったより長いなぁ。この待ちの間に別の用事済ませられたかもなぁ」

とお客さんは思っているかもしれません。

 

そこに「あと2人待っている」ということだけでも伝えれば、「恐らくすぐには呼ばれないだろう」と考える人は増えるんじゃないですかね?

 

そうすると

「じゃあ、別の用事済ませてきてもいいですか?10分くらいしたらまた戻ってきますんで」

とお客さんとしても言いやすくなると思わないですか?

 

なかなか自分から言ってくれるお客さんはいないですが、こちらから具体的に伝えると言ってくれる方は多いものです。

 

一言二言あったほうが印象もいいですよね。

 

とにかくモヤモヤした部分をできるだけ残さない事が重要です。

 

完璧には難しいですが、少し訊ねるくらいならすぐにできそうですよね。

 

ちなみに、これは自分が色々な店で接客を受けて、「教えてくれなくて困ったな」とか「それ、先に言ってくれたら良かったのに…」という事を体験しなければなりません。

 

なので、店員を人間とも思えない人にはできないやり方になりますね。

 

ヘタな期待を持たせない

これもなんですが「商品の取り寄せが1週間かかる」とか「少なくとも30分以上は待ってもらう必要がある」場合、短く伝える人が多いような感じがするんですよね。

 

おそらく長めに伝えると「そんなにかかるなら今回はいい」と言われる=売れない可能性があるからだとは思うんですが、実はこれも悪い印象を与えることが多いです。

 

僕の職場でも結構ありますが、僕が出勤した直後にお客さんから

「もう1時間半も前からあと30分、あと30分って言われてるんですけど?!」

と言われたことがあります。

 

これも「やはり1時間以上はかかると言えばお客さんを逃してしまうから」だと思うんですが、もうこの時点で買ってもらえる確率はゼロに等しいです。

 

相手の貴重な時間を奪っているわけですから怒るのも当然です。

 

で、待たせても案内さえすればいいじゃんと思っている人もいるかもしれませんが、経験上

「(低めのトーンで)まだまだかかりそうですか?」

とか

「15分って言われて、もう1時間経ったんだけど」

と言う方でいざ

「順番が来ましたよ(もちろん申し訳ありませんでしたとか、大変失礼しましたとかは言いいますが)」

と言ってもキャンセルする方がほとんどです。

 

お客さんは口に出さないだけで実はかなり怒っているんです。

 

まあ、自分が全てのお客さんに対応するわけではないので、どうしようもないこともあるんですが…(明らかに1時間以上待たないと案内できないのに、20分待ちと言ってしまう先輩もいますし…)。

 

僕らは少なくとも1年近くは働いているので「最短30分で案内できるかもしれないけど、1時間以上かかってもおかしくないよな」とかは何となく分かりますが、お客さんは知る由もありません。

 

なので、それを正直に説明すればいいんですよ。

 

「おそらく何もなければ30分で順番が来るとは思われます。ただ、先に入ったお客様次第で何とも言えないところがあるので、最長1時間ほどお待ちいただく可能性もございます。どうされますか?」とか、説明すればいいんです。

 

もちろん大事なことなので一番最初にですよ。

 

不測の事態に備えて本来2〜3分のところを5分と言ったり、2日を3日と言ったりするのも大事ですね。

 

やはり「ちょっと」とか「少し」などと濁して具体的に言わないからおかしなことになるんだと思います(ちなみに僕のちょっとは1分です)。

 

具体的に説明されて

「5分待つのも10分待つのもそんな変わんないからいいかな」

とお客さん自ら思ってもらえるのと、適当に濁して

「10分待つのも30分待つのも同じだから、呼ばれるまで待ってろよ。ってことかな?」

とお客さんに思わせるのとでは、どちらがいいでしょうか。

 

ちゃんと説明すればお客さん同士でお互いに確認するように、「別にそれくらいなら待ってもいいよな?」と言ってくれることも結構ありますよ。

 

僕の働いている店の客層がめちゃくちゃいいという可能性もありますが、上記のように説明してお客さんに怒られたことは一度もないです。

 

「すぐ案内できますよ!」と言えばお客さんは安心するものですが、「それが現実にならなかった場合、お客さんを騙していることになる」というのを忘れてはいけません。

 

気持ちではなく立場を

やはりお客さんの立場を考えるべきですよね。

 

上記も(これでも不十分かもしれませんが)やはり「大体のお客さんは基本的に、自分の店が何屋かくらいしか知らない」という立場を考えればいいと思います。

 

「貼り紙くらいちゃんと見ろよ」→「初めて来た人はどこに何があるか知らないから、料金の貼り紙を見落としてるかもしれないな」

とか、

「棚に無いのが見えてるんだから、よほどの事がなければ聞きに来ないでほしい」→「商品が棚に無いことは分かってるんだろうけど、一応在庫があるか聞きに来たって感じかな?」

とか。

 

それが立場ではなく気持ちになってしまうから、「笑顔で」とか「とにかく謝る」みたいに「悪い気はしないけどそこじゃない接客」になってしまうんでしょうね。

 

何となくおべっかを使ったり、下手に出れば気持ちよくなって帰っていく人がいるのも事実ですが、ちゃんとした説明とかいろいろな提案をしてあげるほうが納得してくれるお客さんは圧倒的に多いです。

 

しかも、待たせる状況で「すぐ入れないなら今日はいいです」というのは、どう足掻いてもそのお客さんの要望を満たせないことは明白なので、何をしてもマイナスにしかならないんですよね。

 

静かに飯を食わせてくれと言う人には何もしないのが最高のサービスなのと一緒です。

 

ただ、だからといって「今日はいい」という人が「二度と来るか」みたいに思っているかと言えばそうでもなく(失礼なことをしていなければ)。

 

経験ないですか?

 

「気に入ってる商品を買いに来たけど、思ったより混んでるな。ゆっくりできなさそうだし、来週また来よう」

「1時間いるつもりだったけど、これから予定があるから待つと30分しかいられない。また今度にしようかな」

なんてこと。

 

もしかしたら、来週こそはと思ってまた来てくれるかもしれません。

 

「(今は無理だけど、聞いてみたら)実は夜に空きがあって、お客さんも夜に都合がついて、再来店してもらえる」ということに落ち着いたとか、あるかもしれないじゃないですか。

 

この場合も「立場」ではなく「気持ち」で考えれば

 

立場で考える→「お客さんにも都合がある(から、こちらから複数提案して選んでもらおう)」

 

気持ちで考える→「サービスを受けられなくて、残念に思っている(から、すぐ案内しなきゃ・雑な対応でもいいから待たせないようにしなきゃ)」

 

となるわけですね。

 

言い方は悪いですが「店の最終目的はまた来てもらうこと」なわけですから、できるだけいい印象でいなければなりません。

 

店員の対応が悪いとそのことがずっと頭の中に残って、商品を純粋に楽しんでもらうこともできません。

 

遊びに来たり、美味しいものを食べに来たり、家族の時間を過ごしに来たりしている時に、店員が気分を下げるようなことをしてはいけません。

 

僕もまだ間違える部分はありますが、ろくに働いたことのない時期よりも対人トラブルは目に見えて減りましたね。

 

これから接客業につく方、心配しなくても大丈夫です。

 

ちゃんと説明すれば、変な人もいますが分かってくれる人はその倍くらいいます。

 

今接客をしている方、そういう人が1人2人いるからって、ちゃんとしたお客さんにも同じ態度をするのはアウトです。

 

お客さんは、あなたが「クレーマーのせいで辟易してることすらも知らない」んですから。

 

人々が他人の失敗に厳しいのはなぜか?

f:id:ironsides:20190216101358j:plain


こんにちは、タナブです。

 

日本は海外と比べてかなり独特な文化や価値観があると言われています。

 

新幹線やバス等の公共機関とか、多くの人が関わるモノに関して日本は「ミスを起こさないことに力を入れる」、海外は「ミスった後の対応に力を入れる」そうです。

 

つまり「日本はトラブルやミスが極力起こらないように管理されているが、そのせいで何か起こった時の対応力が皆無→大混乱になったり、第2・第3の災害が起こったりする」ということですね。

 

最悪のケースを想定できない、平和ボケとも言えるかもしれません。

 

逆に「海外はよくトラブルもミスも起きるが、対処することに(人々も自治体も)慣れているのでパニックや2次災害になりにくい」と。

 

そのせいでサービスの質が個人の裁量によって大きく変わるそうですが…。

 

そういえば青森県小川原湖に米軍機の燃料タンクが投下されたことがありましたね。

 

そこでも「ミスを起こすな」の日本と「起こったことは仕方がないから、被害を最小限にしよう」という米の認識の違いがあったかもしれません。

 

で、それに関連?して、最近ヒシヒシと感じていることがありまして。

 

関連してというか、間違いの少ない日本だからこそというか。

 

それは「他人にめちゃくちゃ厳しい人が多い」ということです。

 

海外(おそらくアジア以外)は「自分も間違えるから、他人の間違いもそこまで追求しなくてもいい・お互いさま」みたいなのがあるらしいんですが、日本人でこういう考えの人に僕は会ったことがありません。

 

表面上ではそのように言う人はたくさんいますよ。

 

でも、聞こえてくる会話とか特定の人がいなくなった後の対応を見ていると…心からそう思っている人はほとんどいないんだなぁと。

 

もしくは、思ってはいても口に出さないが実行にも移さず、でしょうか。

 

ちなみに、もう1つ他人に厳しいことについて面白い?研究がありまして、「権力があると感じている人は倫理的な過ちを正当化しやすくなる」という話です。

 

人間は大抵の場合、正しい行ないは何か(ズルは悪だということ)を知っているが、自分が権力を手にしていると感じると、倫理的な過ちを正当化しやすくなる。例えば、約束の時間に遅れてスピード違反をする行為について、両グループの被験者に評価をさせたところ、権力を想起したグループは、その行為をする当事者が自分ではなく他人であった場合に、より厳しい評価を下す傾向を一貫して示した。つまり、ほかの者は法律に従うべきだが、自分は重要な人物であり重要な行動をしているので、スピード違反にも適切な理由がある、と感じやすいというのだ。

 

 

wired.jp

 

つまり、同じミスを犯しても他人がやったら厳しく追求するけど、自分がやったら言い訳をする」ってことです。

 

都合のいい人というか、言うことがコロコロ変わる芯のない人というか。

 

この「感じている」というのがミソで、事実じゃなくてもいいということですよね?

 

ちょっとでも立場が上ならもう条件はクリアでしょう。

 

「自分はこんなハズじゃない…」「時と場所が違えば、俺はもっと世の中に認められていた」「お前らとは違う」と自己評価が非常に高い人もいます。

 

「何かあればすぐ怒ったり不機嫌になれば周囲が折れる」ので、力があると感じてしまうゴネ得の人もいます。

 

まあ、海外の研究ですし限定された状況ではありますが、権力を持った(と感じている)人々がどれだけ残酷で見境いがないかは、世界共通だともう分かりきってるじゃないですか。

 

日本人も例外ではないでしょう。

 

で、トドメをさすのが年功序列をはじめとする上下関係ですね。

 

「できることの多さ」を決めるための上下関係はいいと思うんですが、イエスマンを集めたり権力と切って考えられない人が多いことが問題ですね。

 

下っ端以外はみんな何かしら権力を持ってしまいますからね。

 

まあ、どれもちょっとだけならそこまで悪くはないんです。

 

いや、悪質なものもありますが、それは誰にだって少しはあるわけですから、仕方がないですよ。

 

ただ

 

「ミスの少ない世の中」→「ミスをするのは当たり前で自分も例外でない、という考えが根付かない(ミスをするのは人間的に劣っているか、根性・努力が足りないからだと言う人もいますよね)」

「権力による堕落」→「自分を省みる必要・機会がない」

「上下関係」→「ミスを指摘できる人は減り、権力は強化され、事実よりも感情が優先される。また、上下関係を作るのは常識とされている」

と、日本人はなかなか悪い性質と同調しやすい民族なんじゃないかと思わずにはいられないですね。

 

我々の「普通」が悪い方に働きやすいというか。

 

まあ、いわゆる派閥に属しているとか、アットホームな関係の人々には心地いいでしょうが、新しく人を招き入れる時や変化が必要になった時に苦しくなっていくのは、火を見るより明らかですよね。

 

みんなと一緒がいい

他人にだけ厳しくすればするほど自分に対するハードルは上がります。

 

ハードルが上がるというのは、尊敬されるとか評価されるのではなく、信用できない・関わりたくないと思われるということです。

 

そのハードルを超えられる完璧な人間なんて存在しないですから。

 

他人に「ミスったヤツは生きてる価値ない!努力が足りない!」と言っておきながら、「私を手伝ってくれなかった周りが悪い!」という人が信用されますかね。

 

1人で30人ぶんの仕事(もちろん業界最高水準で)をやらされてるとか、作業量の度が過ぎた場合は例外でしょうけれど。

 

また、前述の「倫理的な過ちを正当化しやすくなる」というのは、権力を持った人のいわば本能とも言えるわけです。

 

「権力者の中での(少数派の中での)みんなと一緒」なんです。

 

散々「常識を疑え」とか「他人と同じでいいのか君たちは!?」と言われて「そうだ!」と思っていても、結局他人と同じほう・多数派に流れちゃうんですね。

 

でも「他人に厳しくない人のほうが好かれますよ、協力者が増えますよ」と言っても、なぜかそっちの多数派には賛同しないんですよね。

 

どう考えてもそっちのほうが多くの人に感謝されると思いますけどね。

 

まあ、どうしても厳しい言葉を吐かないと生きていけない!という方は、お願いですから、弱い立場の人でなく悪いヤツにそうしてくださいね。

 

 

 

テイラーズオブハロゲイト ダージリン

f:id:ironsides:20190206162450j:plain


こんにちは、タナブです。

 

ちょくちょく紹介しているテイラーズオブハロゲイトのダージリンですが、実はこの9種類(+2種類)の紅茶メソッドを考えるきっかけになった紅茶でもあります。

 

ダージリンとか紅茶って全然おいしくないじゃん」と感じたことがある人にこそ飲んでほしい紅茶です。

 

まあ、あまり僕が好きではない淹れ方でも「このくらいがいい」という人もいるので、好みを探す味がかりになればと思います。

 

テイラーズオブハロゲイト ダージリン:概要

f:id:ironsides:20190216101146j:plain


テイラーズオブハロゲイト ダージリン

(両者ともamazonにないこともあります)

ルースリーフ 125g 

2000円(税込)

ティーバッグ 50g(2.5g×20p)

数種類ありますね…

 

本で知りましたが、テイラーズオブハロゲイトはそれぞれの水質に合ったブレンドに定評があるそうで、独自のスタンスがあるんでしょうね。

 

同じ価格帯の紅茶とも一線を画す味です。

 

味のほうですが、簡単にこの紅茶を説明すると、かなり豪華になった午後の紅茶 美味しい無糖のホット」です。

 

もしくはテイラーズオブハロゲイトのダージリンを何とか頑張ってグレードダウンした結果、「午後の紅茶 美味しい無糖のホット」になりました、という感じです。

 

まあ、人によっては「草の味がする…」となるかもしれませんが、

 

テイラーズオブハロゲイト ダージリン:淹れ方

(テイラーズオブハロゲイトは以下TOHとします。)

 

紅茶には9種類の淹れ方があります。

1.軟水で沸騰直後もしくは直前の熱湯
2.硬水で沸騰直後もしくは直前の熱湯
3.軟水200cc:熱湯600ccで倍の時間
4.軟水で冷蔵庫に24時間
5.硬水で冷蔵庫に24時間
6.軟水のお湯を沸騰させた後、10分置いてからポットを温めずに注ぐ
7.5で抽出したものに熱湯を注ぐ
8.5分程度沸騰させたお湯を使った1の方法
9.規定レシピより茶葉を少なく、時間を長く

まず、基本的にTOHは3〜7の方法でいけますが、ベストなのは5と6、次点で4ですね。

 

1と2は残念ながら採用されません。

 

理由としては、TOHのダージリンは普通に淹れると薄く、かと言ってかつ長時間だと渋すぎるためです。

 

「薄いんだったら時間長くすりゃよくなるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、6の方法ほどうまくいかないんですよ。

 

やはり沸騰直後の熱湯だと渋みとうまみのバランスが崩れてしまう感じはしますし、いくら良質な茶葉とはいえやはり渋みが出てしまうとマズいです。

 

僕も初めは規定に則り、きっちり沸騰させたお湯で4分で淹れていましたがどうも薄かったんですね。

 

で、試しに時間を増やしてみたんですが、紅茶の味が濃くなるというよりはただエグくなるだけでした。

 

よって1と2は非推奨です。

 

3.軟水200cc:熱湯600ccで倍の時間

この淹れ方は60℃〜70℃を意図的に作る方法ですが、良質な茶葉ならだいたい悪くなく入ります。

 

しかし、やはり没個性なところがあるというか、6のやり方ほどのインパクトはないです。

 

6のやり方がどうしても無理な人はいいかもしれません。

 

4.軟水で冷蔵庫に24時間/5.硬水で冷蔵庫に24時間

基本的に軟水の水出し紅茶はあまり推奨していませんが、TOHにおいては十分においしいです。

 

硬水と軟水の主な違いは、味の濃さですね。

 

基本的に硬水にすべきですが、軟水でも他のダージリンよりはずっとおいしくなります。

 

まあ、硬水だとダージリンの味が素晴らしいんですが、逆にそれが濃すぎて苦手だと感じる人も一定数いるはずなのでどっちも試してみるのがベストですね。

 

軟水の方が後味がスッと引いていく感じですね。

 

6.軟水のお湯を沸騰させた後、10分置いてからポットを温めずに注ぐ

TOHのダージリンを語る上でこの方法は欠かせません。

 

我ながらよくこの方法に辿り着いたなと思うこともあるほどですが(すいません)、他のダージリンで同じ淹れ方をしてもここまで美味しくならないので、オーダーメイドの淹れ方になります。

 

ちなみに「午後の紅茶 美味しい無糖のホット(長いのでただの無糖表記にしますね)」を最近よく飲むんですが、なかなか美味しいなと思うと同時に3,4口目から「ちょっとクドいかな」とも感じておりまして。

 

まあ、冷めたのを飲めば分かりますが、無糖は液体自体はそこまでダージリンの味はせず、香料が頑張ってくれているという感じですよね。

 

が、それが香りが強すぎてクラっとするというか。

 

一方TOHのダージリンは液体自体に味が溶け込んでいるので、体に自然に入ってくるというか、濃いんですがクドくはないんですね。

 

多少冷めても「香りが立たなくなった」のではなく「味の変化を楽しめる」といった感じで、やはり液体自体に溶け込んだうまさを実感できます。

 

これが「天然のダージリン」と「作られたダージリン」の差なんでしょうね。

 

テイラーズオブハロゲイト ダージリン:淹れ方のまとめ

おいしいさの順序、つまり「テイラーズオブハロゲイト ダージリンを味わう」という点に関しての優劣をつけると
「6>5≧4>>それ以外」
といった感じになります。

 

4.軟水で冷蔵庫に24時間/5.硬水で冷蔵庫に24時間


200〜150ccにつきティーメジャー1杯(僕は800ccにメジャー6〜7杯が好きです)

抽出時間:24時間以上

 

単純に茶葉がおいしいので問題ありませんが、正直軟水か硬水かは好みになりますね。

 

6の方法で出てくる味は渋みの手前というか、かなりしっかりとしたボディなので、それが合わない場合にもいいかもしれません。

 

とはいえ一応言っておきますが、他のダージリンよりも断然うまいです。

 

何の茶葉で水出し紅茶を作ったか忘れても「ああ、アレだアレ」となりますよ(なりました)。

 

6.軟水のお湯を沸騰させた後、10分置いてからポットを温めずに注ぐ

 

200ccにつきメジャー1杯

抽出時間10分

 

10分置いてからとは言いますが、要は90℃のお湯が用意できればOKです。

 

やり方は何でもいいんですが、極端に暑いか寒い部屋でなければ10分でだいたい90℃にはなります。

 

ちなみにやかんで10分だと90℃くらいになりますが、ティーポットでコジーをせず10分だと78〜72℃になります。

 

3回試してみましたが1回目は75℃、次は72℃、78℃という感じでした。

 

やかんのまま放置した方が良さそうですね。

 

また、少量だと温度が下がりやすいので、できれば800〜900ccほどは作った方がいいでしょう(900ccでもメジャー4杯でOKです)。

 

その際も温度変化を緩やかにするために1リットルくらいは沸かした方が確実ですね。

 

マグカップで作るとか少量飲みたいという場合にはできないやり方ではありますが、気づくと結構な量を飲んでしまうくらいには美味しいので、是非多めの量でやってみてください。

 

ちなみに、あまりコスパという言葉は好きじゃないですが、125gで2000円という金額はなかなか良心的だと思います。

 

今回茶葉の量を測ってみたんですが、メジャー4杯で約18gでした(小数点を入れれば18.4gですかね)。

 

これはメジャー大盛りの量で、TOHの袋の口が広い+袋が浅い都合でたくさんメジャーに盛ることができます。

 

しかし、他の紅茶の袋やTOHの袋でも普通に掬うとメジャーに山盛りにはならないので、普通に盛ったら3gくらいと考えていいと思います。

 

左が普通(2.5g)、右が大盛り(4.1g)です。

 

f:id:ironsides:20190216101229p:plain

125gだと7リットルくらいはできる計算になりますね。

 

まあ、僕の好きな濃さだと6リットルになるので6で計算しましょうか。

 

6リットルで2000円とすると、1リットルあたり334円、500ccで170円。

 

なかなかコスパ良くないですか(もちろん味も含めてですよ)。

 

紙コップ1杯200円とか無難なポット1杯600円の紅茶より家でコレを飲むことをオススメします。

 

「お前が最も高く評価している紅茶の1つを出してみろ」と言われたら僕は絶対にこのテイラーズオブハロゲイトのダージリンを出しますね。

 

 

紅茶の美味しい価格帯はいくら?NEXT

f:id:ironsides:20190216101002j:plain


こんにちは、タナブです。

 

前回の続きですね。

 

高級な紅茶を飲んであることに気付いて、それは何でしょう?という話でした。

 

ちなみに、たった3つか4つ飲んだくらいで分かんのか?と思われるかもしれませんが、飲んだのは全て高級とか高品質等とされている有名メーカーや農園のダージリンです。

 

これだけ大きな名の知れたメーカーの紅茶が味がコレで、あまり知られていないメーカーの、値段が半額以下の紅茶の方が美味しいというのはあまりないですよね(あってもおかしくはないですが)。

 

しかも茶葉はオークションだそうなので、欲しい人がいればいる程高くなるようですし、販売者もなるべく高く売れる所に売るでしょう。

 

中国だと高級茶はほぼ言い値らしいです。

 

「もっと安くないと買わない?じゃ他の人に売るから」とか、あるみたいです。

 

まあ、有名でないところは競りに混ぜてすらもらえない可能性がありますし、値段=必ずしも品質を保証するものではないということですね。

 

もしかしたら、4000円のダージリンも元々は2500円くらいだったかもしれません。

 

と、長くなりましたが、本題に入ります。

 

何に気付いたのかと言うと「熱湯のほうが美味しい」ということです。

 

それだけ?

 

それだけです。

 

いやいや、ちゃんと考察を述べていきますので、もう少々お付き合いください。

 

どこからきた常識なのか

「紅茶は熱湯」という常識はどこからきたのか?という話なんですが、上記の「熱湯のほうが美味しい」というのが関わっているかもしれません。

 

それはテイスティングで説明できます。

 

テイスティングのやり方は紅茶に関する本にはほぼ必ず書いてあります。

 

専用のカップに茶葉を何g入れて、何ccのお湯で何分、水色、ボディ、香りなどを評価するそうです。

 

水出しのテイスティングはないみたいですね。

 

同じランクの紅茶を一気に30杯くらいテイスティングして評価を決めるそうで、驚異的な集中力と記憶力が必要とのことでした。

 

で、大手や有名メーカー、マニアっぽいスゴそうな人などが紅茶を熱湯でテイスティングしているわけなので、これ以上発言に権威のある人達はいないでしょう。

 

権威とかいわゆる先生と呼ばれる人がテレビなんかで「紅茶は熱湯で3分です」と言ったら信じちゃいませんか?

 

そうでなくとも紅茶について調べると、まずは熱湯で水出しは2番手以降か蚊帳の外ですよね。

 

試してもらえれば熱湯の紅茶はイマイチなものが多いというのは分かると思いますが、逆に熱湯でも色々な味がするのが高級紅茶なんですよ

 

水出しでも熱湯でもそこまで味が変わらない上に、熱湯だと香りがよく立ちます(水出しは香りがあまりしない)。

 

なので、とりあえず全ての茶葉を熱湯でテイスティングした場合、一番美味しい(複雑な味がする)のは高級なほうです。

 

水出し紅茶にするという概念がなければ、それが適解ということになりますよね。

 

結果、安い=紛い物・悪い、高い=真実、高品質みたいなバイアスが我々の無意識下にあるので、高い紅茶=熱湯のほうが美味しい=真実、みたいになってしまったのかなと。

 

そんなマニアでもない人が数千円する紅茶を何回も買うことはないでしょうし、漠然とした紅茶のイメージしかない人で「色々な淹れ方をしてみよう」と思う人はどのくらいいるのか、ということですね。

 

そして最後には「興味がなくなる」か、レビュー等でよくある「素人には分からない・分かる人にしか分からない」となってしまうんだと思います。

 

まあ、もっと単純で、特に今までそういうことを言う人がいなかっただけかもしれませんが。

 

まとめ

「熱湯のほうが美味しい」のであって、「熱湯が美味しい」わけではないです。

 

「熱湯のほうが美味しい」が「熱湯が美味しいわけではない」というのは、相対評価絶対評価か、です。

 

「5種類くらいの茶葉を熱湯で淹れたら高いダージリンが一番美味しかった」としても、他がイマイチなので相対的に美味しいことになるという話です。

 

渋みがあるのに加えて熱湯でも水出しでもそこまで味が変わらない(=水出しでも渋い)ので、結局他の水出し紅茶のほうが飲みやすいんですよね。

 

好みによるところはあるんでしょうが、値段が値段なので気軽に飲んでみて、とは言いにくいですね。

 

そういうときに紅茶が飲めるお店があるといいかもしれません。

 

まあ、他の物でもあるかもしれませんが、肉とかって値段が上がるとそれに伴って美味しくなるか、臭みがなくて食べやすいとかありますが、紅茶はあまり当てはまりません。

 

「飲んでいて美味しいなと思う紅茶」と、「いろいろな物を飲んだ後に他との違いを楽しむ異色の紅茶」とがあると思うんですよね。

 

はっきり甘みを感じるような湧き水があったら「すごいな。ただの水なのに」とはなるでしょうが、それが「多くの飲み物を差し置くくらい美味しいかと言われれば…どうかな?」みたいな。

 

で、ほとんどの人が紹介しているのは後者なのですが、それでも紅茶人気がそこまでではないということは、前者のほうが需要がありそうですよね。

 

僕は飲んでいて美味しい紅茶を紹介していきます。

 

異色でも美味しければ紹介しますが(笑)

紅茶の美味しい価格帯はいくら?

f:id:ironsides:20190216100902j:plain


こんにちは、タナブです。

 

あなたは「夢のような味」ってあると思いますか?

 

最近、わけあって高級紅茶(50g2000円近いか、それ以上)を飲む機会があったんですが、イメージしていたそれとは違っていました。

 

やはりと言うか、値段が上がるとそのぶん期待してしまうところはあると思うんですが、100g4000円と言われると…というところはありますね。

 

遠回しに曖昧なことを言ってもせっかくの読者さんに失礼なので言いましょう。

 

最も事前認識やイメージとの齟齬がなく飲める紅茶は100g2000円〜2500円あたりです。

 

巨頭・ダージリン

では、いくつか感想を述べていきます。

 

今年最高のクオリティ ダージリンセカンドフラッシュ

ある農園の今年最高の出来のダージリンセカンドフラッシュ50g2400円を買って飲んでみました(購入は100gからでした)。

 

味自体はやはり少々渋いです。

 

水出しにしても比較的渋みの出にくい90℃でもそうだったので、おそらく渋みのない紅茶は不可能なのでしょう。

 

こればかりは仕方ないですね。

 

後述の紅茶でも言えることですが、渋いには渋いんですがエグいというほどではないので、この味が好きな人もいるでしょう。

 

最初は渋いんですが、メープルシロップみたいな後味がするんですよね。

 

もちろん「あっ、メープル」という感じではなくて、砂糖でも野菜みたいな甘みでもない、強いて近い物を挙げるなら、という感じですかね。

 

何人かに飲んでもらいましたが、

「いい香りがするね。今までにない香りだ。」

「色々な味がする。渋みの後にほのかに(本当にほのかに)メープルシロップような味もする。」

という意見はありましたが、4000円と伝えると「え…?」という感じでした。

 

よく「紅茶のシャンパン」と言われるセカンドフラッシュよりは、ファーストフラッシュに近い味なので、まあシャンパンではないです(もしかしたら、高いシャンパンは渋みがある?)。

 

ダージリンセカンドフラッシュ

上の農園とは別のダージリンセカンドフラッシュ、100g3400円も飲んでみました。

 

まあ、ブレンドされたものなのでどこの農園とかはないのかもしれませんが。

 

いわゆる「ダージリン」の味はしたんですが、全体的に薄いんですね。

 

この薄いというのは渋みに関してもそうで、普通の紅茶なら5分も淹れればダメになってしまうところを7分やっても平気だったので、いい茶葉なんだと思います。

 

これ、リフレッシュドリンクとしてすぐに飲みたい場合には貴重です。

 

が、特徴も同様に薄く、「味は確かにするし紅茶だとは分かるが、はっきりダージリンとはわからない」と僕は感じました。

 

それはつまり、他人に自信を持って味を伝えることができないこととイコールなので、僕は紹介することはないかもしれません(まあ、はっきりダージリンと分からずとも、美味しければ紹介しますが)。

 

水出しにしても90℃にしても飲みやすくはあるんですが、どうしてもパンチが弱いと言うか、「2000円のダージリンスゲー→じゃあ3000円のダージリンも?!」とはなかなかならないですね。

 

例によって飲んでもらいましたが、どうしても僕が紹介しているような他の紅茶と比べると…という感じでした。

 

100g1000円あたりの「紅茶だとは分かるけど、ダージリン…なのかな?」という紅茶をそのまま濃厚にした感じですが、水出し紅茶にすると、最後にほんのりフォションのインディアンダージリンF.O.Pのような風味がしました。

 

価格がほぼ同じなので、いいダージリンを所望ならばインディアンをオススメします。

 

ダージリンオータムナル

今回ダージリンオータムナルを取り寄せてもらって買いました(100g2600円でした)。

 

「渋いな、というよりは好みが分かれる味かな」という感じでした。

 

味の系統こそ違えど、緑茶のように渋み甘みの混じった味で、お茶でこれだけいろいろな味がするというのは驚くかもしれませんね。

 

で、まあ、味覚とか表現は個人の感覚に依存するところはあるんですが、熱湯を注いだ時の香りは「醤油ラーメン」でした。

 

いや、もちろんこれ単体で完璧な醤油ラーメンではないですが、醤油ラーメンを食べている最中に感じる香りの一部がある、という感じですね。

 

カップヌードルとかマルちゃん正麺とは違う系統ですね。

 

セブンイレブンに売っている「蔦」という醤油ラーメンに含まれている香りが近いですかね。

 

まあ、それっぽいというだけなので、過度の期待はNGです。

 

そういうわけなので熱々のうちはかなり不思議な味がしますが、ちょっと冷めてくると途端に渋くなってきて、醤油のような香りはしなくなります。

 

ピークは淹れたてですが、熱湯を入れて温度を維持しつつ薄めながら飲むのもいいみたいです(その飲み方が美味しいという人もいました)。

 

しかし、これがいわゆる「コク」なんでしょうかね。

 

いろいろな紅茶を飲んできましたが、「コクと言えそうな味」に出会ったのはこれが初めてです。

 

他の紅茶におけるコクは「渋みや味の濃さ」でしょうし、自分がうまい具合にコクのある紅茶に会わなかっただけかもしれないですが、他にはないでしょう。

 

多くの紅茶になく、このオータムナルにあるということは「このオータムナルの特徴」ということでしょうから。

 

と、3種類を飲んでみましたが、共通しているのは

「渋みがあるが、無限に出てくるわけではなく、またそこまで嫌な渋みでもない。」

「熱湯でも水出しでもそこまで味は変わらない。むしろ熱湯の方が香りはいいものもある。」

「独特な味で、複数の飲み物や香りが混じったような味がする。単調な味ではない。」

ですね。

 

どれも高価ではあるんですが、多くの紅茶とはかなり違った味でした。

 

色々な味はしますし、味の変化を楽しむことはできるんですが、かといって値段ぶん美味しいかと言われると「どうかな?」というか。

 

こういうのもあるよ、と勧めることはできますが、「紅茶の美味しさを知りたいならまずは最高級のダージリンを飲もう!」とはならないですね。

 

ちなみに、高価格な紅茶について書いてきましたが、書いている(飲んでいる)うちにあることに気付きました。

 

上の3つの特徴がヒントです。

 

さて、なんでしょう?

 

長くなるのでそれは次回に書きます。

 

 

ウェッジウッド アールグレイ

f:id:ironsides:20190206162110j:plain


こんにちは、タナブです。

 

紅茶、とくにアールグレイって「思ったほどおいしくなかった」とか「説明と違う」と感じること、ないですか?

 

香りと液体の味のギャップが激しいとか、薄く淹れないとちょっと飲めないかな、とか。

 

何かの記事で書いたかもしれませんが、アールグレイってなかなか面倒くさい紅茶なんですよ。

 

渋みを出さず、尚且つ香りがしっかり感じ取れるようにしないといけないですからね。

 

そこでアールグレイを完璧に飲むにはどうすればいいか?を紹介していきます。

 

今回はウェッジウッドですが、他のアールグレイの淹れ方にも通じる考え方があるので、覚えておいて損はないですよ。

 

なお、よくある「うまいかまずいかの感想・理解不可能な謎の表現」などではなく、ちゃんと「良い点と悪い点」を9つの淹れ方から説明しているので、あなたが買ったことがない物であっても時間のムダにはならないと思います。

 

また、原則として

「ちゃんとこれを選ぶ理由がある」
「知らないと困る要素がある」
「本当におすすめできる」
を満たさないものは(当たり前ですが)紹介していません。

 

これでおいしく飲めなかったらごめんなさい!

 

 

 

ウェッジウッド アールグレイ:概要

ルースリーフ、ティーバッグ 共にありますが、今回はルースリーフについて紹介します。

 

価格はリーフが大体2000円程度ですが、これから変わるかもしれません。

f:id:ironsides:20190216100258j:plain

 

ウェッジウッド アールグレイ:淹れ方

 

紅茶には9種類の淹れ方があります。

1.軟水で沸騰直後もしくは直前の熱湯
2.硬水で沸騰直後もしくは直前の熱湯
3.軟水200cc:熱湯600ccで倍の時間
4.軟水で冷蔵庫に24時間
5.硬水で冷蔵庫に24時間
6.軟水のお湯を沸騰させた後、10分置いてからポットを温めずに注ぐ
7.5で抽出したものに熱湯を注ぐ
8.5分程度沸騰させたお湯を使った1の方法
9.規定レシピより茶葉を少なく、時間を長く

 

で、このウェッジウッドアールグレイで採用すべき淹れ方は1と5です。

 

僕がちょくちょく「柑橘の皮」をイメージできるようなアールグレイがあるという話をしてきましたが、その1つがこのウェッジウッドアールグレイです。

 

他のアールグレイとの違いは何といっても柑橘系の酸味を連想させてくれるような香りですね。

 

飲みやすいというとベタな言い方ですが、誰かに紹介したくなるくらいの味で、目上の人へのお礼とか大切な人との雰囲気作りにいいかもしれない、いい意味で期待を裏切ってくれる香りです。

 

こんなにいい香りのアールグレイは他にないです。

 

あと、アールグレイって何故かちょっと渋めの茶葉が使われていることが多いんですが、これは渋さを感じない味なので、より柑橘の香りと合うブレンドなんでしょうね。

 

正直、これぐらいの味がないとアールグレイを名乗ってはいけないのでは?と思うくらい柑橘です。

 

1.軟水で沸騰直後もしくは直前の熱湯

コレを見て「あれ?」と思った方はずっと僕の記事を読んでくれている方だと思います(ありがとうございます)。

 

初めての方でも問題はないんですが、要は「アールグレイというのはフレーバーティーで、柑橘の香りと渋みは相性が非常に悪いので、その渋みが出てくる熱湯はいけませんよ」といったことを何回か書いたんです。

 

はい。

 

では、そんな中で何故熱湯がいいのかというと、「茶葉を洗う」からですね。

 

まあ、洗うというのは勝手な命名ですが、要は「先に渋みをある程度抜いてから水出し紅茶にする」という感じです。

 

渋みも無限に出てくるわけではないですし、紅茶は2分や3分でうまみが出切ってしまう飲み物ではないので、そこまでうまみを捨てることにはなりません。

 

あと熱湯で茶葉が程よくふやけた状態になるので、ただの水出しよりも早く味が出ます。

 

前日の21時頃に出して次の日の10時くらいに飲んだんですが、思ったよりイケるなと。

 

やり方としては、ちょっと多めの茶葉でまず2分半ほど熱湯で淹れます。

 

その後、茶葉を何かに入れ替えてから水出し紅茶と同じ比率で冷水を入れます。

 

大体メジャー1杯の茶葉につき100ccくらいですかね。

 

ちょっと多めの方が良い感じにできるのでこれくらいでも大丈夫です。

 

茶葉5杯半を熱湯で出し、冷水(今回は水道水)を600cc、約12時間でやりましたが、もうちょっと濃いのが好きな人もいるかもしれません。

 

分量や時間はまだ研究の余地がありますが、そこそこの紅茶を半日程度で飲めるようになるので、なかなか悪くない方法だと思いますよ。

 

まあ、最初はこのウェッジウッドアールグレイを買った時に3分でやってはみたのですが、やはりなかなか美味しくはなりませんでした。

 

で、特に何も考えていなかったんですが、捨てるのはもったいないので水道水を入れておいたら、「お!」という感じですね。

 

(個人的には)味自体は水出しの方が濃く出て好きですが、本命の柑橘の香りはしっかりしますし、何より寝る前に仕込んでおけば朝や昼には飲める濃さにはなるので、アリだと思います。

 

5.硬水で冷蔵庫に24時間

やはりフレーバーティーの香りがそのまんま移った紅茶を飲みたいなら硬水での水出し紅茶ですね。

 

1の「茶葉を洗う」方法だと(香りではなく)紅茶自体の味が少々薄めに出てしまうのが気になりますが、こちらは紅茶の味も濃く出ます。

 

なので好みですね。

 

アールグレイが好きな人は香りが好きな人が多いと思うので、1の方法の方が合っているかもしれません。

 

7.5で抽出したものに熱湯を注ぐ

これは香りがまだ残っているフレーバーティーならば候補にあがる方法ですが、ウェッジウッドアールグレイは幸いそこまで茶葉が嫌な味はしないので、悪くないです。

 

普通にこれより高いもので渋いアールグレイもありますし、香りがいいだけの低質な茶葉を熱湯で出すと湿布のような匂い(わかりますかね?)がすることもあるので何にでも使えるわけではありません。

 

まあ、スペアリブとか鳥手羽を買ってきて、煮込んだり食べたりした後に骨を砕いて出汁を取るような「最後まで余さず」的な方法ですね。

 

そんなに美味しいわけではないですが、スポーツドリンクとかにして量飲む場合はアリだと思います。

 

ウェッジウッド アールグレイ:まとめ

香りはしっかりするけどそこまで濃くない紅茶がいいなら1のやり方、100%味わいたいなら5のやり方ですね。

 

本当に好みなので、両方やってみるといいと思います。

 

1.軟水で沸騰直後もしくは直前の熱湯(の後、水出し)

 

ティーメジャー1杯につき100cc

抽出時間12時間〜

 

まず熱湯を用意するのですが、あまりにも熱すぎると香りが飛ぶので、90℃くらいにします(抽出中にいい香りがするのは香りが飛んでいるからという話もあります)。

 

沸騰したやかんを10分放置すれば90℃付近になります。

 

で、水出し紅茶としてほしい分量の茶葉を入れます。

 

600ccほしいなら茶葉はメジャー6杯ですね。

 

その後普通に熱湯を注いで2分半抽出しますが、ここでできた1番茶は薄く、さらに渋いだけなのでお菓子のお供にどうぞ。

 

1番茶を何かに移したらその茶葉で水出し紅茶を作り、12時間は置いておきます。

 

これで完成です。

 

ちなみに紅茶の味は薄くなりますが、メインはアールグレイの香りなので水道水や軟水でも大丈夫です。

 

僕の協力者はそんなに多いわけではないですが、「前日に仕込んでおけば朝にこれが飲めるのはいいね」という意見もありました。

 

毎回中2日待つのも微妙だし、いい香りはしてるからコレで十分とのことでした。

 

これから色々な紅茶で試してみて、ウェッジウッドアールグレイにのみマッチするオーダーメイドの方法なのか、いろいろな紅茶にも使えるやり方か、検証していきます。

 

良い点

普通の水出しより早くできる
香りはしっかりする


悪い点

茶葉の味は薄い(が、もともとアールグレイは茶葉の味がそこまで必要ない)

 

5.硬水で冷蔵庫に24時間

 

ティーメジャー1杯につき100〜150cc

抽出時間24時間以上

 

テッパンのやり方ですね。

 

まあ、24時間とは書いてますが、僕は中2日置いたものが好きです。

 

何だかんだ言ってこれより美味しい飲み方はありません。

 

良い点

1番美味しい

 

悪い点

時間がかかる

茶葉をたくさん使ってしまう

 

以上です。

 

このウェッジウッドアールグレイはいい紅茶ですよ。

 

ミルクティーには合わないですが、水出しを温めれば良好なホットティーを飲めますし、香りの質自体も他のアールグレイより一歩上です。

 

美味しいアールグレイを探しているならまずはコレがオススメです。

 

125gで2000円くらいなのであまり安くはないですが、本当に美味しい紅茶ですよ。

 

シェドゥーブルとかハロッズなどこれより高いアールグレイはありますが、正直プラス1000円前後の味があるかと言われるとちょっと微妙なんですよね。

 

苦かったり、香りはいいけど、嗅いでいい香りと飲んでいい香りはまた違うよね、という感じだったり。

 

このぐらいのアールグレイがいろいろなお店で飲める日がくればいいですね。

 

前から気になっていた人、美味しいアールグレイが飲みたい人、紅茶は美味しくないと思った人、是非試してみませんか?