old reliable tea

ストレートティーについて考えるブログ

20180421162403

紅茶が美味しくなかったときに試すこと

こんにちは、tanabuです。

 

紅茶を飲んでいて、「あんまり美味しくない…」と感じたことは、あると思います。

 

失敗した、と思う前に試してほしいことがあります。もしかしたら、解決できるかもしれません。

前提として、沸騰直後(やかんが鳴る温度)のお湯を使用します。

 

 1.規定通りに淹れて薄かったとき

 箱や缶の分量通りに淹れて薄かった場合、蒸ら時間を増やします。

 

言わなくても分かるかもしれませんが(よほど美味しくない茶葉でないかぎり)抽出不足である可能性があるからです。

 

試しに抽出時間を増やして少し濃くなったら美味しくなった(茶葉の持ち味がわかった)とかであれば、買って失敗したとは思わずに気持ちよく飲むことができますよね。

 

ブロークンとフルリーフとか、ダージリンでもメルローズフォションなどでは全く味が違いますし、ブレンドも違うので抽出される成分も差があると思います。

 

そのため、より成分が抽出されるまで、1分長くても2分程待ってみるといいかと思われます。最終的には好みの濃さで…ということになりますが、まず濃く淹れてどんな味なのかを知るのもいいのではないでしょうか。 

 

 

2.規定通りに淹れて濃かったとき 

 「そんなの薄めればいいだろ」と言われそうですがまぁ聞いてください。

濃いには2種類(人によってはもっとあるかもしれませんが)あります。

「渋い・苦い」濃さ「味が濃い」濃さの2つです。

 

渋い場合

前者の濃さの場合、薄めるよりもミルクティーにするか砂糖を入れるほうがいいです。

ミルクティーにするなら、深い味として渋みはいい方に働きますね。美味しいミルクティーのレシピとして、規定の茶葉2倍のレシピさえあるくらいです。ミルクが駄目でどうしても砂糖も使いたくない人は、カレーとかトマトスープに忍び込ませるというのもアリかもしれません。

 

ですが紅茶の渋み・苦みって不思議ですよね。日本茶だと渋みが旨味っぽく感じられたり、結構な渋めのお茶でも美味しく飲めたりするのに、紅茶の渋みって何故かあまり美味しく感じないんですよ。薄めても、悪いほうに渋みが働いているお茶はまずいです。

紅茶飲料は数多くありますが、ほとんど甘いですし、コンビニ等で大人の紅茶というのもありますが、甘さ控え目飲料ですよね。「キリッとした渋み」とかで売っている紅茶飲料は、見かけないですね。

 

味が濃い場合

こちらはどちらかというとストレートティーよりも、フレーバーティーの話になります。自分がこれを1番感じたのは、英国専用モデルのTWININGアールグレイレディグレイなどでした。

商品自体は美味しいですし、茶葉の味が濃いというよりは、レモンピールや柑橘の香り(スパイスもかな?)が主張し過ぎていて何となく苦手という人が私の周りには多い印象でした。

この場合はミルクティーにするとミルクに負けます(私の周りでは入れないほうがいいと言う人もいたくらいです)。何かよく分からない味がするミルクっぽいものになります。

こちらは素直に薄めましょう。薄めてもフルーツの香りが心地よい後味になってくれますし、もともとあまり渋くないので、飲みやすいと思います。

 

渋い→ミルクティー

味が濃い→薄める

ですね。

 

1の規定通りで薄いケースは自分や家族用の試験段階のことがあると思いますが、2の規定通りで濃いケースは急な来客やいつも美味しく淹れられるのに上手くいかなかった際に、役立つこともあるかもしれません。