old reliable tea

ストレートティーについて考えるブログ

20180421162403

曲者ドライフルーツ

こんにちは、タナブです。


香料を嫌う人は結構いると思うんですが、紅茶に関して言えば今のところ、美味しい紅茶はドライフルーツを使った物ではなく、香料入りの物なんですね。

 

ドライフルーツの紅茶で代表的なものと言えば、アップルティーを始めとしたフレーバーティーですね。

 

実はこのドライフルーツというのが問題でして。

 

ドライフルーツが入っている方が美味しいようなイメージがある人もいるかもしれませんが、ドライフルーツって実はあまり味に影響しないんですね。

 

もちろん全く味が変わらないことはないんですが、「何とか分かる気がする」とか「正直、お茶と合わなくない?」となる場合が結構あります。

 

なので、ちょっと注意が必要です。

 

無香料のブレンデッドティー

注意すべきなのが「香料等が使われていない、ドライフルーツの入った商品」です。

 

無香料のブレンデッドティーということですね。

 

ドライフルーツ入りで香料が使われていない紅茶って思ったよりたくさんあるんですよ。

 

まあ、僕のブログを読んでくれている人や紅茶で失敗したことがある人は、基本的に熱湯で淹れると渋くなるのは避けられないことは分かってくれていると思います。

 

で、ドライフルーツって基本的に熱湯で抽出しないとほとんど味がしないんですね。

 

確かにドライフルーツの水出し(水戻し?)自体は美味しいんですが、フレーバーティーに入っているドライフルーツの量はごく少量なので液体の味の根幹を作るほどにはなりません。

 

美味しいとは言っても一晩かそれ以上漬けて置かなくてはならないですし、100%ジュース等には遠く及ばないですが。

 

ちなみに、ドライフルーツってコンポートを作ってから専用のマシンで作るそうなんですが、匂いがつくとかメンテナンスが大変とかで、いろいろなフルーツに挑戦することができないそうですね。

 

そもそもフルーツ自体があまり売れないので、挑戦したところで…という話も聞きました。

 

僕はカットパインがあったら毎回買ってしまうので、もっとパインのドライフルーツとか売っていてほしいなとは思いますが。

 

話を元に戻します。

 

つまり、紅茶は熱湯だと渋くなるのに加えて、熱湯でないとドライフルーツの味は(すぐには)出ないですし、ドライフルーツ自体には紅茶を美味しくするだけの香りもなく、紅茶を美味しくするほどの量も入っていないことが問題です。

 

今のところ、ドライフルーツ入りの紅茶を美味しく飲む方法は見つけることができていません。

 

安い紅茶にドライフルーツは入っていない(ドライフルーツが入っている=100g1000円以上はする物が多い)ので、お財布にも痛いです。

 

なので、「美味しい紅茶を飲みたければドライフルーツが使われている紅茶より、香料が使われた紅茶が良い」ということになります。


もちろん「香料+ドライフルーツ」は香りが好きならば問題ないと思います。


が、「香りはそこまで好きではないが、ドライフルーツが魔法をかけてくれる」なんてことはありません。

 

香料は嫌いですか?

香料を使った紅茶にもいろいろありますが、選ぶべき物は香りの質で勝負しているセンテッドティーです。

 

キツすぎる香料とか強すぎる柔軟剤の香りは嫌われますが、そういった物ではありません。

 

簡単に言えば茶葉に香りを吸わせた物で、長い時間をかけて作られ、(天然に近い香りがしたり、焼き菓子のような香りがしたりするので)香りの質が非常に高いことが特徴です。

 

焼き菓子は香料が使われてるから当たり前やん、と思うかもしれませんが、

「りんごジュースの甘みが想像できるような香りがするけど、味はお茶」

「キャラメルのような、焼き菓子のような多少渋みがあっても大丈夫な香りのするお茶」

だと、後者の方がミスマッチは少ないですし、単純に美味しいです。

 

まあ、前者はその香りで既に甘い飲み物が世に浸透している、先入観のせいかもしれません。

 

後者は茶葉自体が良質というのもありますが、香りのおかげで(良い意味で)紅茶とは思えないような味がする物も多いです。

 

ドライフルーツ入りのフレーバーティーを飲みたい人は、作られた香りよりも優しい香りとか、果物そのものっぽい香りを求めていると思うので、そういった人にはドライフルーツよりもセンテッドティーがオススメです。

 

センテッドティーは水出しで

勝手な分類ですが、

「1.なるべく天然に近い香りのセンテッドティー

「2.香りの質は良いが、少々香りが強いセンテッドティー

の2種類があります。

 

例を挙げると「ハロッズアールグレイ」は1で、「フォションのパリの午後の紅茶」は2ですね。

 

で、両方とも水出しが良いですよ、で終わりなんですが、詳しく書くと

 

なるべく天然に近い香りのセンテッドティーを水出しにする理由

熱湯で抽出すると香りが飛び、その残ったわずがな香りも渋みに掻き消されるからです。

 

まあ、単純に美味しくないです。

 

香りの質が価値であるセンテッドティーにおいて、香りを邪魔する要素はなるべく排除すべきなので水出しにしましょう、ということですね。

 

どうしても熱湯で抽出したいならば、80℃かそれ以下の温度になりますが、非推奨です。

 

香りが掻き消されるということは、もちろんミルクティーにするのもNGということになります。

 

香りの質は良いが、少々香りが強いセンテッドティーを水出しにする理由

こちらも同様に渋みが悪く働くことが多いから、ということなんですが、熱湯だと淹れている最中の香りと飲んだ時の香りの差、もしくは買う前と飲んだ時の差にやられる可能性が高いです。

 

淹れている最中は非常に良い香りがしますが、どうしても香りの通りの味にはなりません。

 

香りの通りにならないと言うか、「香りはするんだけど…」という感じですね。

 

で、その割には変に香りが強く出る(バランスが崩れる?)こともあり、調整が面倒くさいです。

 

物によってはライチとかベリー系の香りだったのに、生乾きの洗濯物みたいな匂いになってしまう物もあるんですよね。

 

特にアールグレイとか。

 

一方で、水出し紅茶にするとだいたい茶葉そのままの香りで抽出されます。

 

例えば、セレクトショップとか店頭で買う場合は茶葉の香りを嗅いだ上で選ぶことになると思うんですが、家に帰ってから「こんなにいい香りがするのに…」ということはなくなります。

 

香りが好きで買ったのに、その香りを楽しめないなんて!

 

ただ例外として、フォションのパリの午後の紅茶はバラとオレンジの紅茶なんですが、少々の渋みがある方が美味しいです。

 

水出しだと(渋みがないせいか)紅茶というより入浴剤という感じになるので、パリの午後の紅茶を飲む際は熱湯で3分をオススメします。

 

もしくは少々渋みが出てくる常温の水出し紅茶ですかね。

 

まあ、水出し紅茶は美味しく飲むのもそうなんですが、失敗することのない淹れ方なので「何か手に入れたらまずは水出し」くらいの感覚でもいいと思います。

 

美味しいフレーバーティーフルーツティーを飲みたい人は、ドライフルーツではなくセンテッドティーを選びましょう。

 

センテッドティーの美味しさ、是非味わってみてくださいね。

 

ps

 

なぜこの記事を書こうかと思ったかと言うと、ドライフルーツの入った紅茶をいろいろ買って飲んでみたのですが、やはり値段ぶんの味がするものはなかったからです。

 

ティーバッグ5個入りで700円とか、100gで1400円でした。

 

同じ値段かもう数百円だして香料の効いた紅茶を買った方が満足度は高いだろう、と言うのが正直な意見です。

 

まあ、考えてみれば当然ですよね。

 

ドライフルーツはただ干しただけでは美味しくならないですし、ましてや紅茶の味を左右するくらいの美味しさをもったフルーツなんて高くてとても使えないはずです。

 

ドライフルーツの製作自体にお金も時間もかかりますからね。

 

でも逆に、「これだけ微妙な要素がありながらも美味しいドライフルーツのフレーバーティーを作っている所は努力の塊」だとも言えます。

 

僕はまだそういうのに出会ったことはないですが、もし美味しいドライフルーツのフレーバーティーを知っている人がいたら、かなりすごいことだと認識してほしいです。

 

僕もいいフレーバーティーがあったらどんどん紹介していきますね。