old reliable tea

ストレートティーについて考えるブログ

20180421162403

失敗知らずの紅茶攻略メソッド 番外編

f:id:ironsides:20180418183052j:plain

こんにちは、tanabuです。

 

tanabu.hatenablog.com

tanabu.hatenablog.com

 

最終回です。

 

1.軟水で沸騰直後もしくは直前の熱湯
2.硬水で沸騰直後もしくは直前の熱湯
3.軟水200cc:熱湯600ccで倍の時間
4.軟水で冷蔵庫に24時間
5.硬水で冷蔵庫に24時間
6.軟水のお湯を沸騰させた後、10分置いてからポットを温めずに注ぐ
7.5で抽出したものに熱湯を注ぐ
8.5分程度沸騰させたお湯を使った1の方法
9.規定レシピより茶葉を少なく、時間を長く

 

で終わりですが、

10.濃さ2倍の紅茶:特濃ミルクが2:1
11.普通の濃さの紅茶+紅茶の10〜20%のミルク

といった方法もあるので紹介していきます。

 

「10.濃さ2倍の紅茶:特濃ミルクが2:1」

「11.普通の濃さの紅茶+紅茶の10〜20%のミルク」

ですが、これらは「基本的に口に合わなかったものをおいしく飲むための方法」になります。

 

もちろん、おいしいミルクティー(自分はプラスのミルクティーと呼んでいます)というものもあります。

 

が、どうも自分はミルクが苦手ですし、ミルクティーに関しては多くの人がまとめてくれているので、あえてそこに言及する必要はないですね。

 

砂糖とミルクを少し入れるだけで随分変わるので、そういうやり方もあるのよ、程度で大丈夫です。

 

◆ティーメソッド

なんでも理論が大事ですよね。

 

僕の知り合いも言ってましたが、「今は役に立たなくても何にでも使えるから、まずは理論を考えておくといいよ」という助言は非常に役に立っています。

 

自問自答して、(100%は難しいですが)矛盾のない意見や理論を考える癖がつきましたし、目立つために思ってもいない事を発言することもなくなりました。

 

まあ、万人に当てはまる情報は存在しないので、誰かが何かを考えるきっかけになってくれればいいですね。

 

紅茶に関して言えば、どの茶葉も渋みを持っているじゃないですか。

 

安い50g200円の茶葉から50g1500円の茶葉も、みんな渋みを持っています。

 

少し高い茶葉を買って淹れてみたは良いものの、「渋くてよく分からない」「紅茶ってこんなもんなんだ…」と感じたことはあるんじゃないでしょうか(実際に言われたことがあります)。

 

よ〜く味わったら、「何となく芳醇な香り…がするような…」とか。

 

つまり、極端に言えば、渋みを味わいたいなら安い紅茶で良いですし、高い紅茶を買う必要はないわけです。

 

でも、「誰にもできないこと」というか、その茶葉しか持っていない要素があるからこそ、高い紅茶であってほしいですし、選ぶ理由ですよね。(茶葉は砂糖やコーヒーのようにオークションらしいので、味に関係なく価格は変わるそうですが)

 

島田紳助さんは「俺はパソコンは使えるけど、予約録画はできへん。やり方を覚えようとも思わん。誰でもできるから。だったら誰かに頼んだらええねん。」と言っていましたが、まさにこの通りだと思うんですよ。

 

どの茶葉でも味わえる、みんな持ってる「渋み」はいらないんですよ。

 

安い茶葉に頼んだらいいんです。

 

我々はおいしい茶葉の持っているもの、その品種、そのブレンドしか持っていないものを味わうべきなんですよ。

 

そういう紅茶は「買って良かった・また買おう」と思わせてくれます。

 

そのためにこの「11の理論(おそらく7までの方法でだいたいの紅茶はおいしく飲めると思いますが)」を使ってみてください。

 

ただのティーメソッドだとフツウなので、グシオン・ティーメソッドとでも呼びましょうか。

 

ガンダムが好きなのもありますが、11だとグシオンですよね(笑)

 

f:id:ironsides:20180418174909j:plain

 

グシオンまたはグーシオン(Gusion)は、悪魔学における悪魔の一人。

 

グソイン(Gusoin、Gusoyn)[1]、グサイン(Gusayn)[2]とも呼ばれる。『ゴエティア』によると、序列11番の地獄の大公爵。40の軍団を率いるという[3]。『大奥義書』によればアガリアレプトの配下である。

 

過去・現在・未来の知識をもち、召喚者の様々な質問に答える。個性的な能力として、召喚者に敵対するものの敵意を友好的な気持ちに逆転させることができるとされる。

(出典:wikipediaより)

それはいいとして…。

 

「召喚者」と言うとややこしくなりますが、「ブログを読んでくれている方」や「紅茶を楽しんでいる方」はいろいろな人がいると思います。

 

「紅茶とコーヒーがあったらまずコーヒー」

アールグレイはまずい」

ダージリンはおいしくない」

「何がおいしいのか分からない」

「ミルク入れないと渋くてまずい」

など出てきますし、言われたことがあります。

 

このブログも僕自身も、グシオンの能力のように「紅茶やそれらに関する敵意(負の感情)を友好的な気持ちに逆転させることができる」ように頑張りますね。