old reliable tea

ストレートティーについて考えるブログ

20180421162403

おいしいミルクティーはカレーライスで作る

f:id:ironsides:20180412154408j:plain

こんにちは、tanabuです。

 

何のこっちゃと思いました?(笑)

 

ミルクティーの作り方は人の数だけあると思うのですが、実はカレーのルールを参考にするとおいしく作れるんですよ。

 

おいしさも人によって違うとは思いますし、「好きに飲ませろ」と言われるかもしれません。

 

でも、これを知っておくと「わざわざ作る価値のある、おいしい(プラスの)ミルクティー」を作りやすくなりますよ。

 

プラスのミルクティーについてはこちらから。

tanabu.hatenablog.com

 

ちなみに大前提として、「砂糖のおいしさをミルクティーのおいしさと勘違いしていないか」という点はあなた自身の心に聞いて理解しておいてください。

 

カレーのルール

カレーのルールと言っても、特に難しいことはありません。

 

ルールは

「箱の通りに作る」

「ルウを入れるときは火を止める」

「水の量を厳守」

ですね。

 

それぞれS&Bさんやハウス食品さんから引用させていただきました。

 

で、これをミルクティーに落とし込むと

「箱の通りに作る」

→余計なものは足さない
「ルウを入れるときは火を止める」

→茶葉を入れるときは火を止める(煮ない)
「水の量を厳守」

→水の量でミルクの量が決まる

ということになります。

 

STEP1.余計なものは足さない

余計なものとはつまり、砂糖やメープルシロップ、ジャムなどですね。

 

まあ、紅茶にケチャップとか醤油を足す人はいないと思うので「糖分」と考えてもらって大丈夫です。

 

普通のミルクティーのおいしさは甘みの影響が大きいのですが、甘くなくてもおいしいものを作ることはできるんですよ。

 

砂糖を足さないと飲みづらいミルクティーなんかは、おいしいとは言えないので、「マイナスがゼロにはなっても、プラスにはならない」んですね。

 

飲みやすくはなりますが、飲みやすいとおいしい、紅茶の味がするというのは違いますから。

 

ほら、紅茶花伝とかスタバのフラペチーノとかもおいしいですけど、紅茶の味ではないじゃないですか。

 

もし茶葉を選んでミルクティーを作ろうと考えているなら、砂糖でごまかしたものではなく、茶葉の味を活かしたミルクティーにしたいですよね。

 

甘みは既にミルクによって追加されているので、ちゃんと作れるようになってから「砂糖を足すかどうか」吟味するのがおすすめです。

 

STEP2.茶葉を入れるときは火を止める(煮ない)

あなたも高温になるほど渋みが抽出されるというのは、聞いたことも体験したこともあると思います。

 

紅茶は香りが飛びやすいですし、煮ると渋みどころかエグ味とさえ感じるような味になります。

 

安い茶葉ならまだいいかもしれないですが、いい茶葉だと個性を潰すことにもなります。

 

その結果、茶葉の個性は渋みやエグ味にかき消され、「ミルクや砂糖でごまかす」感じになってしまうんですね。

 

まだ「渋みだけ」とか「甘みだけ」とかならいいかもしれませんが、「渋み・甘み・ミルク・温度による味の変化」が混在する中から紅茶の味を正確に感じ取るのは難しいですよ。

 

渋みはどんな安い紅茶でも得られるので、もし煮出したいならば500円くらいの安い茶葉をおすすめします。

 

質の良い茶葉だとその利点をほぼ捨てているのと同じなので。

 

とにかく「茶葉を煮る」のはマズさにもろに直結する行為なので、砂糖やミルクたっぷりにでもしない限り、かなり非推奨です。

 

STEP3.水の量でミルクの量が決まる

実はミルクティーの作り方としては「普通の紅茶に普通のミルクを入れる」のと「濃い紅茶に濃いミルクを入れる」レシピがあるんですよ。

 

ちなみに、ミルクにはかなり大まかに分けると2種類あります。

 

「特濃のミルク」と「普通のミルク」ですが、今回は特濃をおすすめします。

 

「普通の紅茶に濃いミルク」はさほど毒にはなりませんが、「濃い紅茶に普通のミルク」はアウトです。

 

「甘みを足す前提の味になってしまう」とでも言いますか。

 

逆に、砂糖を足す前提なら「濃い紅茶に普通のミルク」のほうがいいとも言えますね。

 

ちなみに、ミルク自体は物によって全然違うので「特濃かどうか」くらいの認識で問題ありません。

 

味が濃ければOKです。

 

ちなみに、比率は千差万別なので「濃さに対する調整の仕方を知りましょう」程度なんですが、だいたいの比率を知らないと「失敗したカフェオレのような変な飲み物」を飲み続けることになります。

 

まず、普通の濃さの紅茶に普通のミルクを入れる場合は量を少なめにします。

 

普通の基準は、「いつも飲んでいる程度の濃さ」で大丈夫です。

 

だいたい紅茶180㏄に対してミルク40㏄ほどになります。

 

あくまで紅茶の味がしなければ意味がないので、紅茶とミルクが1:1とかはNGです

 

普通の紅茶に特濃を数㏄でも問題ないのですが、茶葉の味にかなり左右されるので、慣れてきてから挑戦するのがいいと思います。

 

こちらは少なからず紅茶が薄まるので、濃厚ではないかなりあっさりとしたミルクティーになります。

 

個人的に、こっちはあまりおいしいとは思いません。

 

一方で、濃い紅茶にミルクを入れる場合「紅茶の濃さを2倍に、そこに半量のミルクを加えつつ様子を見る」という方法がおすすめです。

 

例えば「1リットル分の茶葉に水500㏄、そこに特濃ミルク250㏄(+抽出時間1分追加)」という感じですね。

 

実際、自分も誰かに振る舞う際はこの淹れ方です。

 

注意点として、普通のミルクだとやはり「失敗したカフェオレ」みたいになるので、特濃がない場合は無理してやらないほうがいいです。

 

かなりミルクを入れればなんとかマシにはなりますが、まずおいしくなったことがないので非推奨です。

 

まあ、キンキンに冷やして、ミルクティーだと思わずに飲めば無くはないかもしれないですが。

 

好みと言われれば好みなんですが、ミルクティーが好きな人に向いてるのは特濃のほうでしょうね。

 

以上から「あっさりとしたミルクティーが飲みたいなら普通の濃さの紅茶に少量のミルク」を、「濃厚なミルクティーが飲みたいなら2倍の濃さの紅茶に半量のミルク」ということになります。

 

極端な話、「ちょうどいい物にはちょうどいいのを少量、濃い物には濃いのを多めに。濃厚なのが飲みたいからと言ってミルクをただ足すのはNG」くらいに覚えておいてもらえれば十分だと思います。

 

まとめ

最後にまとめると

「甘みと紅茶の旨みは両立しないので、余計なものは足さない」
「紅茶を使う利点が無くなってしまうので、茶葉を入れるときは火を止める(煮ない)」
「あっさりか濃厚かで紅茶の濃さと淹れ方が変わるため、水の量でミルクの量が決まる」

ということですね。

 

ミルクティーはおいしくなかった紅茶の救済措置みたいなところがありますが、「甘ったるいのは嫌だ」とか「普通のミルクティーはないのか」と思った方は試してみてください。

 

くれぐれもジュースを飲んで「これがちゃんとしたミルクティーなんだ」と思わないように気をつけてくださいね…。