old reliable tea

ストレートティーについて考えるブログ

20180421162403

お菓子に使えないフレーバーティーの活用の仕方

f:id:ironsides:20180406200910j:plain

こんにちは、tanabuです。

フレーバーティーは香りがおいしそうなのに渋みがしっかり出てしまうという、かなり無理がある飲み物だと思います。

 

細かいものならお菓子に使えますが、ルースリーフの場合はかなり難儀しますし、フレーバーティーの茶葉は同じ価格帯のものより比較的低質なので、茶葉を噛むことになるケーキは嫌ですよね。

 

まあ、香り自体が強すぎるとかそもそも香りが合わないとかありますが、香りが強すぎる場合の有効活用方をお伝えします。

 

足りないものを足す

どうするかというとストレートジュースでリーフのフレーバーティーを抽出します。

つまり、ポットにストレートジュースと茶葉を入れて24時間待つということです。

こうすることで、ストレートの旨み+フレーバーティーの香りでまったく別物になるんですね。

香料が入ってる濃縮還元に香りを足したところでどっちつかずの味になりますが、香りがそこまでなく、甘ったるいストレートならばむしろ欠点を補ってくれるものになります。

以前も書きましたが、ミキサーとかで100%バナナジュースを作るとそんなにいい香りはしないですし、あまりおいしくないじゃないですか。

 

 

tanabu.hatenablog.com

 



アップルティーなど我々が嗅いだ瞬間に「あっ、アップル」と分かる香りのほうがおいしく感じるので、それを意図的に作るわけです。

そこそこのフレーバーティーならば香りに関しては文句ないですからね。

ジャンナッツのアップルやマスカットあたりでも「香り」は十分です。

さらに、フレーバーティーに砂糖やハチミツを足しても大しておいしくならないので、純粋な旨みであるストレートジュースを使いましょうということですね。

果汁の甘みなのでフルーツ系のフレーバーの味と相性が悪いはずがないんですね。

これはハチミツや砂糖では代替が利きません。

「ストレートジュースをそんなことに使うなんて!」という意見もあるとは思いますが、(特に青森だけかもしれませんが)甘すぎるものが多いんですよ。

だからこそ適役なわけですが。

まあ、甘ければ水で薄めればいいとは思いますが、味気なくなるので香りもプラスして素晴らしいものにします。

「ストレートジュースでフレーバーティーを淹れる」というと勿体無いような気もしますが「フレーバーティーの味付け」と言えばそんなに悪くない気がしませんか?

 

紅茶ではなくなる

具体的な方法ですが、手持ちのフレーバーティーと相性の良さそうなジュースにいつも通り茶葉と水を入れ、冷蔵庫に24時間置くだけです。

分量はまずはジュース500ml、水100〜200ml(200mlだと結構薄くなる)、茶葉メジャー4杯(ティーバッグだと5個、袋から出す)から始めてください。

今回は、素材として「マリアージュフレール マルコポーロ」「ジャンナッツ マスカット」「ジャンナッツ アップル」を、メインに「JAアオレン 希望の雫」を使用しました。


とくに高級感溢れる感じになるマルコポーロがおすすめです。

バーや来客の時に、コレが出てくると喜ばれるかもしれませんし、出されて紅茶が使われていると特定できる人は少ないと思いますね。

ここで注意が必要なのが、「完成度の高いストレートジュースを使わない」ことと「ざくろアサイーなど個性の強いジュースは使わない」ことです。

例えばコレ。

www.kuzumakiwine.com



これは甘すぎず、非の打ち所がないほどおいしいです。

言ってしまえば、非の打ち所がないくらいの物に何かを足すと味のバランスを損ねてしまうんですね。

ですので、やらないほうが賢明です。

「甘すぎるくらいの何かちょっと足りないジュース」が適役です。

ちなみに(ここのワインもおいしいんですが)このジュースを飲んだらその辺の店でワインを買う必要がなくなりますよ。

とくに「3000円くらいのワインの、あの変な渋みとかアルコール臭さがなければいいのに!」という人は買って損はないです。


次に、個性の強いジュースを使うべきでないのは、単純においしくならないからです。

平たく言えば、このストレートジュースに香りが着いておいしいと思えそうか?と考えて、そうではないものが多いと感じました。

おいしい物もあるのかもしれませんが、ストレートのざくろジュースなんかを初めて飲んだ時は驚きましたね。

マンゴーやざくろのジュースは、我々がいかに果物そのものの味を知らないかを如実に教えてくれます(笑)

これらのジュースを選ぶ人は、おいしさよりもルーティンワークや作られていない味を求めている人だと思うので、その感性を大切にしてください。


そう言うと紅茶と似ている感じがしますね。

決して最高の味ではないが、「体に良さそうな物を飲むとモチベーションが上がる」とか、「旨みとか深みのうるさくない、シンプルな味が落ち着く」という人はいますからね。

試してみてください。

PS

紅茶は渋みが気になることが多いですが、このフレーバーティー+ストレートジュースは、水出し紅茶のように低温で抽出するのと浸透圧のせいか渋みが気になりません。

なので、「まずい茶葉を味わう必要がない」というメリットもあります。

ちなみに、こんな事を言っては身も蓋もないとは思うのですが、紅茶って一部を除いてあんまりおいしい飲み物ではないと思うんですよ。

自分が今までで手放しでおいしいと思った紅茶は3つしかありません。

しかも色々なテレビやwebサイトでも「骨粗しょう症に効果がある、痩せる」とは言ってても全然話題にならないじゃないですか。

 

まあ、それに簡単に飛びつく人はアホだとは思いますが。

 

いまだに「アールグレイは産地の名前じゃないよ!」とか既視感満載の情報ばかりが目立ちますし、「おいしい紅茶を飲むための〜〜」というのもほとんど同じような話です。

じゃあ「果物の香りのするフレーバーティーがおいしいか」と言われればそうでもなく…。

何というか、お菓子と一緒に食べる前提というか、紅茶の渋みが逆にお菓子の甘さを丁度良くする「引き立て役」になっていて、紅茶自体があまり研究されていない感じがしますね。

紅茶が目立つことは許されない、みたいな…。

それはそれで良いのですが、そろそろ「引き立て役ではなく主役になれる紅茶」のある未来に行ってみたいですよね。