old reliable tea

ストレートティーについて考えるブログ

20180421162403

ゴールデンルールの本当の意味

 

f:id:ironsides:20180401223754j:plain

 

www.tea-a.gr.jp

 

churabana.com

 

こんにちは、tanabuです。

 

紅茶にはゴールデンルールとよばれるものがあります。

 

ちなみに、ゴールデンルールを否定するつもりはありません。

 

紅茶業界の方が長年研究なさった賜物でしょうし、それまでの努力は素晴らしいものだと思います。

 

それに「コーヒーがダメだから紅茶」、「紅茶のもつ雰囲気を味わいたいから、味はそんなに気にしない」という人もいますね。

 

ただ、「おいしかった、文句ない味になった」というならば問題ないのですが、そうでなければ「ゴールデンルールを守りつづけるべきか?」は気にしなければなりません。

 

自問せよ

そもそも全ての紅茶、全ての人に対してある1つのルールが通用するというのはおかしいことなんですよ。

 

勉強や異性の好みでも特定の法則が無いように、人によって感じ方が違うじゃないですか。

 

変な話、刺身はダメだけど煮付けやフライは大好きみたいな人もいます。

 

紅茶も、全ての茶葉で沸騰した100℃のお湯が良いかと言われれば、どうでしょうね?

 

自分もそうですが、「紅茶の味は好きだけど紅茶の渋みが苦手」なんて人もいるはずです。

 

それに、コーヒーとか他の食品では温度による細かい違いや好みの特徴別淹れ方なんかが出てきますが、紅茶はほとんどありませんね。

 

なので、自問しつついろいろな飲み方を試してみてほしいです。

 

ルール通りに淹れて、「文句なしにおいしい」と思えなければ、どこかでやり方を変えなければなりません。

 

また、飲み慣れておらず「おいしいかどうかすら分からない」という人は、水出し紅茶をおすすめします。

 

紅茶は熱湯でエグくなることはあっても、水出しでマズくなることはありませんからね。

 

飲んでいる人がそもそも少ないのかもしれませんが、

「紅茶って全然ウマないやん」

「コーヒーみたいにはっきりとした味もしないし…」

「ミルクとか砂糖を入れないと、渋くて飲めたもんじゃない」

という方々が一人でも私のブログを読んで「そこまで言うなら、もう一回飲んでみるか」と思ってくれれば幸いです。

 

おいしい→伝統的

ゴールデンルールは、気にしてもらって大いに構わないのですが、いわゆる「おいしい作り方」ではなく、あくまで「正統的な作り方」なんだと思います。

 

まあ、50年以上前の人の話をそっくりそのまま持ってきているそうですが、味覚もブレンド技術も変化しているはずなので、現代で通用するかは疑問ですね。

 

で、これまた自論ですが、「現代用のゴールデンルールを3つか4つに増やす」といいと思うんですよ。

 

「そのメーカー(に勤めているブレンダー)の紅茶のゴールデンルール」とか、「この農園の茶葉のゴールデンルール」「水出し紅茶のゴールデンルール」みたいな(笑)

 

「紅茶はこう作るべき、後はあなたのご自由に」で終わるのではなく「この茶園のこの時期のダージリンは、甘い香りだから水出し」「ここのアッサムは、渋みが少なくて旨みが濃いから熱湯で長め」「渋みが苦手だけど、何としても熱湯で飲みたいならここの茶葉」と書いてくれたほうが、我々にとって有益じゃないですか。

 

そこまで詳しくなくても、「何故この茶葉は水出しがいいのか?」「熱湯でなければならない理由は何か?」とかですかね。

 

まあ、これは自分が最初に紅茶を選ぶときに感じたことなんですが(笑)

 

今だからこそ「もし熱湯ならば100℃より90℃だな」とかは思いますが、そんなに紅茶を飲んだことがなくて、どんなものか試している最中の人が、自分に合った紅茶を選べることのほうが稀ですし「おいしくなかったからもう飲まない」となってもおかしくないですよね。

 

そういう人が、1人でも踏みとどまってくれれば嬉しいです。

 

「ルールを愚直に守った結果紅茶嫌いになってしまった」とすれば、本人の損失に繋がりますし、「あなたの心の中に本当のゴールデンルールがあります!」と言ってもどうしようもありません。

 

なので、これから紅茶を飲もうとしている人は、「ゴールデンルールはあくまで伝統的な飲み方なんだ」という認識に留めておくといいと思います。