old reliable tea

ストレートティーについて考えるブログ

20180421162403

そのミルクティー、一旦やめてください

f:id:ironsides:20180316010610j:plain

こんにちは、tanabuです。

 

紅茶の茶葉アッサム、聞いたことがありますか?

 

アッサムは非常に効能のある紅茶らしいですね。

 

普通の紅茶よりもタンニンやテアフラビンが豊富で、美肌に効果があったり骨粗しょう症を予防したりできるそうです。

 

まあ自分は専門家ではないので、健康要素に関しては、これ以上のことは言えません。

 

で、「アッサム」と調べると(女の子のほかに)ミルクティー用とばかり出てきますが、じゃあストレートがおいしくないのかと言われれば、そんなことは全くないんですね。

 

紅茶の中での美味しさはかなり上位に入ると思いますが、世界の紅茶消費の90%オーバー(98%とも)がミルクティーと言われているので、おそらくそれほど飲み方について研究されていないのではないかと思いますね。

 

率直に言うと、(ミルクティー用の低質な物でなければ)渋みのないアッサムは最高にうまいです。

 

「香りがすごい」のではなく、純粋に「茶葉の味がおいしい」紅茶であるのも特徴ですね(硬水が合うのも、おいしさにあまり香りが関わらないからかもしれません)。

 

なので渋みに目が行ってしまいがちですが、すぐミルクティーにするのはもったいないですよ。

 

アッサムの選び方から説明していきます。

 

どっちを選ぶ?

まずアッサムの茶葉を買う際に気なるのが、CTCとルースリーフじゃないでしょうか。

 

製法が違うのは明白ですが、CTCは早く飲みたい人向け、ルースリーフはアッサムをちゃんと楽しみたい人向けだと個人的には思っています。

 

アッサムCTC

CTCは細かく砕いた茶葉を丸めたものなので、かなり味が出やすいです。

 

水出しでは、普通は長時間置かないと薄いですが、CTCに関しては半日で十分な濃さになります。

 

この抽出速度の早さが、ミルクティーにも向いていると言われている理由ですね。

 

また、水を吸って膨らんだり、そこまで茶葉が浮かんだりポットにくっついたりしないので、茶葉を捨てるのが楽という地味ながら有用なメリットがあります。

 

「味はそこそこでいいから、面倒くさくないのが良い」という人にも向いてるかもしれません。

 

と、ここまでメリットだらけのような感じはしますが、デメリットもあります。

 

 

アッサムルースリーフ

 CTCのデメリットは、味が早く出過ぎるせいでアッサム本来の味を楽しむことが難しいことです。

 

「ミルクに合う」ということは、渋みが強くなくてはなりませんから、アッサム本来の味が渋みで分からなくなる可能性がある、ということなんですね。

 

水出しならばそこまで渋みを気にする必要はないですが、熱湯だとやはりしっかり渋みは出ます。

 

必ずしも無理ではないかもしれませんが、1〜2分でCTCの抽出は終わるので数秒単位で調整しなくてはなりません。

 

またCTCは安いので、ルースリーフの方が(値段で判断するなら)おいしいものの可能性が高いとも言えますね。

 

 

よって、

「時間がないけどアッサムを飲みたいとか濃いミルクティーが飲みたい」という人にはCTC、

 

「時間はかかってもいいからアッサムをしっかり味わいたい」という人にはルースリーフがおすすめ、ということですね。

 

アッサムという品種自体が好みか判断したいなら、ルースリーフがいいでしょう。

 

モルティーとは

アッサムはやはり水出しがおすすめです。

 

理由は、熱湯や高温ではやはりアッサムのもつ甘味を感じにくいからなんですね。

 

ミルクティーにするだけならアッサム以外にもありますし、むしろおいしいミルクティー用にイングリッシュブレックファーストがありますので。

 

tanabu.hatenablog.com

 

アッサムはよく、「モルティフレーバー、つまり穀物のような甘い香りがする」と言われています。

 

簡単に言うならアルコール臭くないバーボン、でしょうか。

 

実は自分もバーボンが好きなので、似たような香りのアッサムが好きになったのかもしれません。

 

で、アッサムの香りなんですが、熱湯で淹れるとそこまで(むしろ、全くと言っていいほど)モルティフレーバーを感じません。

 

まあ、「香り」というよりも「甘み・うまみ」と言ったほうがしっくりきます。 

 

恐らくですが、渋みが強くなるので甘味を感じにくくなるんでしょうね。

 

そもそもウイスキーと違って紅茶は、香り自体が飲むまで分からないほどに弱いですからね。

 

つまり、「熱湯はただただ渋いだけなので、それを抑えつつアッサムを味わうなら水出しがおすすめ」ということになります。

 

また抽出方法ですが、普段は冷蔵庫の水出しをおすすめしていますがアッサムに関しては室温でも問題ないです。

 

正直どちらも美味しいです。

(2018 4/21日追記:両方の淹れ方で美味しいアッサムは全体でもかなり少ないことが分かりましたので、他の記事でまとめました)

 

軟水か硬水か?という疑問には、硬水の方が濃く出るのでまずはそちらをおすすめします。

 

言葉にするなら、ロックのウイスキーのような、スッキリした甘さや飲みやすさが良いなら軟水ちびちび飲みたくなるようなもったりとくる味の濃さなら硬水でしょうか。

 

お酒よりは随分薄味ですが(笑)

まずはストレートを 

アッサムティーは、噂ほどおいしくないと言われる可能性が高い紅茶だとも思いますね。

 

一番はダージリンでしょうか。

 

「マスカテル・フレーバー」など、一般論がかなり一人歩きしている気がします。

 

ちなみに、アッサムは「コクがあってミルクに合う」とか、「芳醇な香りが」とか言っても、それはあくまで紅茶界の話です。

 

繰り返しになりますが、そこまではっきりとした香りはしません。

 

また偏見かもしれないですが、ストレートが最高に美味しいならミルクを入れる必要はないとは思うので、コクとは言いつつも、やはり渋くて飲みづらいんだと思います。

 

そもそもコクって何なんでしょうね(笑)

 

「牛乳のコクと紅茶のコクが〜」とかだと全然伝わりませんよね(笑)

 

もしアッサムを熱湯で淹れてみて「失敗したな」と感じたらミルクの前に水出しを試してみてください。

 

全然味が変わりますから。

 

アッサムはストレートで飲むだけの価値のある紅茶です。

 

またこれから、ストレートにおすすめのアッサムも紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね。