old reliable tea

ストレートティーについて考えるブログ

20180421162403

簡単に「覚悟」という人ほど「覚悟」が足りない

こんにちは、tanabuです。

 

今回は「覚悟」について、です。

 

(古いですが)フィリップ・マーロウの有名なセリフがありますね。

 

「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」

 

今回は何が言いたいかと言うと、

「言っていいのは言われる覚悟のある奴だけだ」

ということです。

 

ついでに言うとこのブログ自体も「批判されてもいい」から書いています。

 

ちなみに覚悟とは、

かく‐ご【覚悟】
[名](スル)
危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。「苦労は覚悟のうえだ」「断られるのは覚悟している」
2 仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。
3 きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。「もうこれまでだ、と覚悟する」
4 覚えること。記憶すること。
「時にあたりて本歌を―す」〈徒然・二三八〉
5 知ること。存知。
「郎従小庭に伺候の由、全く―仕らず」〈平家・一〉
(引用:小学舘)

です。

 

覚悟をwebで検索すると、いろいろ出てきますね。

 

「起業しようか悩んでいます」と言ったら、「そんな覚悟で続くわけない」と言われたとか。

「覚悟を決めることの意味」とか言うタイトルなのに、「こんな時にはこんな覚悟が必要よ!」とか、タイトルを回収できてない記事もありますね。

 

あとは、怒られる時とか、選択をしなければならないときにも使われる感じがしますね。

 

娘「留学したい!海外についてもいろいろ調べたよ!」

父「簡単なことじゃないんだぞ?!その覚悟があるのか?!」

みたいな。 

 

○覚悟=脅し

「覚悟はあるのか」というのは大概「脅しが目的」か、「本人を思って(実際は発言者自身のため)」使われます。

 

(犯罪や公序良俗に反すること以外で)何かをやろうとしている人に、いかに難しいかを説明して脅し、挫折させるのは、本人のためになっていません。

 

それは大抵、本人以外の誰かの要望だから、です。

 

例えば先生なら、進学率を下げたくないわけですから、勝率の低いところより確実に受かるところを勧めますよね。

 

これから医学部に行こうとする人に先生が、

「お前のたった1秒の遅れで人命が失われる。そうなればお前は殺人者だ。それを何年も続けていく覚悟があるのか?!(本心:やめたほうがいい、諦めて地元の大学に行ってくれ)」

と言ったとします。

 

すごく嫌じゃないですか?

 

自分の要望を通したいなら、相手の要望も聞きましょうよ。

 

進学率を上げたいから他のところを受けてほしい、とかウチの高校から医学部に過去に入ったヤツがいない、とかでやめたほうがいいと思うなら、正直にそれを話し合えばいいだけのことです。

 

何故かこういう問題は、口に出すと恥ずかしいとか、賤しいと思っている人がいますが、大事なところじゃないですか。

 

それができないなら、先生の意味がありません。

 

極論、AIでいいわけです。

 

AI「ピピピ…。統計から、あなたが医学部に受かる可能性は2%です。また、入ったとしても、講義について行ける可能性は0.4%です。なお、今まで、この診断が覆ったことは、一度もありません。」

 

とかの方がまだ諦めがつきますよ。

 

○あなたに覚悟はありますか?

「覚悟」という言葉は人によっては、かなり追い詰められます。

 

本人にそんな意図はなくても、です。

 

そもそも、自殺する人や離職する人が多いように、全ての人が逆境や厳しさを糧にできるほど強いわけではないんですよ。

 

もしあなたが先生の立場で

「絶対に地方の学校の方がいい」

と言ったけれど学生がうまく適応できなかったとき、

「勧めた俺が悪かった。編入するぶんの費用は出すから。すまなかった。」

と言えるくらいの覚悟がありますか?

 

学生があなたのことが大好きで、

「先生の期待に応えることができなかったから、死んででもお詫びしなきゃ…」

となってからでは遅いですよ。

 

「そんなことあるわけないでしょ〜」と思うかもしれないですが、昨日まで普通に接していた子が急に命を投げ出すことは、もはや十分すぎるほど証明されています。

 

簡単に覚悟を使っている人は、そこを考えていますか?

 

本来、本人じゃない以上、メリットデメリットを伝えて、「さて、どっちがいい?」以上のことは言えないはずなんですよ。

 

そこで夢破れて戻ってきたとしても本人の勉強になったわけです。

 

やってみなくては、分かりません。

 

むしろ、ああいう先生のいる学校、と悪評が立つことで、自分の墓を掘ることにも繋がるかもしれません。

 

どうせ、今辞められたら人手が足りなくて困るとか、上からの方針だからとか、言葉とは別の理由があります。

 

自殺は覚悟の足りない本人の問題、とか会社を辞めるのは働く覚悟が無いのが悪い、と思っている人はかなり危ないです。

 

相手にやり返される覚悟があって立場の弱い人につけ込んでますか?

 

同じ目に遭っても絶対に文句を言わないという覚悟があって新人を叱ってますか?

 

人に「覚悟があるのか」と言いながら、責を問われて逃げるダサい大人になりたくはないですよね。